Top > ふくしま教育シンクタンク

ふくしま教育シンクタンク



ふくしま教育シンクタンク創設

  創立以来、学校現場の実践を支援し、人材を育て、ふくしまの学校教育を牽引して
 きた福島大学の豊かな教育財産を活用するとともに、学校の教育ニーズに応える新し
 い「地域貢献」を県教育委員会や市町村教育委員会と連携・協力して展開する。

地域貢献を進める4つの柱 調査研究 提案 研修支援 交流

ふくしま教育シンクタンク説明図

矢印(上下)


地域貢献の具体化


 地域の教育を考える実態調査研究
 ○ 地域の特質を生かした独自性と実効性に富む教育ビジョンづくりや教育評価に役立つ調査
   研究に助言・援助します。

    ・教育に関する実態調査の企画
    ・分析、考察
    ・調査結果の活用助言等

 ふくしま教育提案アドバイザー
 ○ 市町村教育委員会と共に地域の教育を考え連携して魅力ある教育の形を追及します。

     ・市町村教育委員会と共同研究で進める教育ビジョン、教育施策提案、教育実践支援

 教育実践支援プロジェクト
 ○ 教育現場のニーズに応える本学の「現職教職員研修講座」を充実させるとともに、市町村
   教育委員会が独自に運営する教育実践講座等を支援します。

    ・福島大学「現職教職員研修講座」の充実
    ・○○市(町村)教育実践講座・・・講座企画と講座のコーディネート、講師派遣等

 ふくしま教育実践交流ネットワーク
 ○ 県教育委員会、市町村教育委員会、福島大学附属小学校、福島大学が協力連携し、県内
   各地の先生方と「授業」をはじめ教育実践についてあつく語り合う教育実践ネットワークを
   推進します。

    ・「実践交流研究室」の開催

  ふくしま教育シンクタンク パンフレット(2015年度版 )も是非ご覧ください。

Topへ戻る